正月の恒例の福袋。販売員の経験から

毎年、元日になると様々なお店で大売出しを行っています。

 

中でも目玉商品といえば『福袋』です。

 

私は、元アパレルの店員として福袋を販売する側にいました。

 

洋服の福袋のちょっとした裏ワザです。

 

福袋は縁起物として売られ、中身は空けるまで何が出るか分からないお楽しみ袋です。
しかし、やはり購入前に中身を知りたくなる人も多いです。

 

そんな時は、思い切って店員さんに『中身を見せて』とお願いしてみましょう。
意外と店員さんは、中身をこっそり見せてくれることがあります。

 

店側も福袋は、元旦の日に何としても売りぬかなくてはいけません。

 

特に、新年の開店してすぐの早い時間から時間の経過に伴って、売り上げはドンドン減少していきます。
時間が経つにつれ、売る側もなりふり構っていられなくなってくるんです。

 

最近では、売る前からあらかじめ中身を公開している所も増えましたね。

 

因みに福袋も良いですが、店内のセールコーナーにも目を向けてみて下さい。
かなりの掘り出し物が安く売られたりしていますよ。

年始の楽しみ

毎年初売りに出掛けます。

 

目的はいつも福袋です。

 

数年前は、福袋の争奪戦が凄く、大きな荷物を持ちあちらのお店、こちらのお店とはしごする方を多く見かけました。
最近では、その姿もかなり減ったように感じます。

 

それでも、私は福袋を目当てに初売りに出掛けます。

 

以前ほど無闇やたらに買うことは無くなりましたが、年始の楽しみの一つなのです。

 

福袋には普段の自分では選ばない様な洋服も入っていて、ワクワクします。

 

普段自分が選ばないキレイめな服は、ちょっとした集まりが有った際にとっても助かっています。

 

ただ、一点。
この数年、福袋選びで困ることが…。
それは「アウター入り」。
以前はアウターが、入っていることは価値があり目玉商品になったですが、毎年毎年新しいアウターは必要ないのが現実です。
ですので、今年はアウター無しの福袋を探して購入しました。
中身の中には着れない服も有りましたが、おおむね満足です。
来年も初売りで福袋を買う予定です。
アウター無しの福袋がありますように願いつつ。

 

年始の楽しみです。